債務整理のデメリット

金が減額・免除される債務整理ですが、もちろんデメリットもあります。まず、すべての手続において個人信用情報機関に登録されます。いわゆるブラックリストに載るというものです。ブラックリストに載ると新規に借金はできなくなりクレジットカードも作れなくなります。ローンも組めなくなります。期間はどれくらいでしょうか。ブラックリストには、銀行系統、消費者金融系統、信販・クレジットカード系統の3種類がありそれぞれに期間が違います。銀行系統であれば任意整理をしても記載はされませんが、個人再生・自己破産で10年間です。消費者金融系統であれば、任意整理、個人再生、自己破産で5年間です。信販・クレジットカード系統であれば自己破産のみで5年間です。

また、民事再生・自己破産では官報に名前が載ることになりますが、知り合いに気づかれることはまずありません。ただ、官報を見た怪しげな金融業者から連絡が来ることはあります。

一番大きなデメリットがあるのが自己破産です。警備員など一定の職業に付けなくなります。自己破産においては財産が清算されます。家・車も手放すことになり、生活に必要な一定の物品以外は差押えられ競売にかけられます。

債務整理しても人生終わりではありません。債務整理しても生活は変わらないという方も多くいます。むしろ精神的には楽になります。自己破産者も一定期間経過したら警備員などの職業につくことができます。経済的に復活することも十分に可能です。