任意整理と個人再生

この二つの手続の特徴は、自分で行うことは難しいということです。任意整理はまず貸金業者へ受任通知を送付することから始まります。受任通知は弁護士と司法書士しかできません。受任通知の送付により貸金業者からの督促を止めることができます。債務者個人では特則を止めることができません。次に貸金業者に取引履歴を開示させます。取引履歴とは、貸金業者と債務者の金銭のやり取りの全記録です。貸金業者は取引履歴を記録することを義務付けられています。取引履歴を元に引き直し計算を行います。引き直し計算とは利息制限法で認められた利率を超えて返済された金銭を求める計算です。昔は、利息制限法を超えて利息を取ることが許されていましたが、それは無効であり債務者に返還しなければならないこととなったのです。そして、和解交渉に入ります。和解交渉では利息やこれまでの遅延損害金の免除を求めます。弁護士が交渉しても揉めます。債務者ができるでしょうか。任意整理は順調に行けば約3か月、和解交渉が長引けば6か月を超える場合もあります。

個人再生は債務整理の中で一番複雑な手続です。時間もかかります。半年から約1年です。多くの書類を作成し裁判所に提出しなければならないので個人で行うのは本当に難しいです。個人でやろうとしても裁判所から再生委員というサポート役を付けられてしまいます。再生委員の報酬は債務者が支払わなくてはなりません。15万円から25万円です。であれば、最初から弁護士に頼んだ方がいいといえます。