借金を減らす方法

いきなりですが、借金を返済する以外に借金を減らす方法ってあると思いますか。あります。債務整理をすればいいのです。これは法的に認められた手続です。債務整理には4つの種類があります。任意整理、特定調停、個人再生、自己破産です。

任意整理では、貸金業者を選んで直接に借金の減額を交渉します。特定調停では、裁判所で一定の貸金業者を相手に調停をして借金を減らす合意を取り付けます。個人再生では、裁判所の許可のもとで全債権者を対象に借金を減少させます。自己破産では、裁判所が借金の免除を認めます。

ただし、いいことばかりではありません。上記4つの手続をとるとブラックリストに載るなどのデメリットがあります。ですから、借金問題がそれほど深刻でない多重債務者の場合であれば借金の一本化がまず検討されるべきです。いわゆるおまとめローンというものです。月々の返済日が複数あって返済額がそれぞれ違うというのは精神的に苦痛であり混乱が生じてきます。返済日が月一回で返済額が毎回同じであるというのは分かりやすいですし、精神的にかなり楽になります。借金の総額の変化はあまりありませんが、おまとめローンには債務整理のようなデメリットはまったくありません。

借金をまとめても月々の返済が苦しくなるような場合には、債務整理しかありません。まず、自分の状態を把握すべきです。ある特定の貸金業者からの返済が厳しいのか、住宅ローンがきついのか、どうあがいても借金を返せないのか。客観的に判断できないので、弁護士に相談することになります。今なら相談だけなら無料のところがたくさんあります。弁護士による無料相談サービスもあるので、悩んだときは利用してみるといいでしょう。